出典:デジタル大辞泉(小学館)

インド北西部、ラジャスタン州の都市ジャイプールにある宮殿。1730年頃、ジャイプール藩王国のジャイ=シン2世により建造。赤みがかった砂岩が用いられ、ピンクシティーともよばれる旧市街の中心的な建物として知られる。現在もマハラジャが居住する。英国の建築家サミュエル=ジェイコブが、賓客の宿泊施設として設計したムバラクマハル(現在は織物の博物館)がある。