出典:デジタル大辞泉(小学館)

赤と緑を識別しにくい色覚異常先天色覚異常のほとんどは赤緑色覚異常で、日本人では男性の20人に一人、女性の500人に一人にみられる(→先天赤緑色覚異常)。また、視神経網膜などの疾患に伴って後天的に起こることもある。→青黄色覚異常