出典:デジタル大辞泉(小学館)

インド北東部、ビハール州の仏教の聖地ブッダガヤの東郊にある岩山。釈迦 (しゃか) が6年間の苦行をした場所とされる。中腹のチベット寺院の境内に、釈迦がバラモン教と同じ断食の厳しい苦行をした留影窟 (りゅうえいくつ) という洞窟がある。