出典:デジタル大辞泉(小学館)

(ラテン)Legenda Aurea》キリスト教聖者の伝記集成。ジェノバの大司教ヤコブス=デ=ウォラギネが13世紀に筆録。信仰上また文学的にも価値の高いものとして黄金の名をもってよばれるようになった。黄金聖人伝。
石川淳の短編小説。昭和21年(1946)、雑誌「中央公論」3月号に掲載。同作を表題作とする作品集は、作中の黒人兵の描写がGHQの検閲で問題視され、表題作が削除された状態で刊行された。

出典:gooニュース