出典:デジタル大辞泉(小学館)

インド南部、タミルナドゥ州の都市。ベンガル湾に面し、港湾をもつ。16世紀にポルトガルの居留地となり、17世紀にオランダ東インド会社の支配下に置かれた。1781年に英国東インド会社が領有し、以降、綿布などの積出港となっている。漁業が盛ん。2004年に起きたスマトラ沖地震の津波により、同国で最も大きな被害を受けた。

[地理/外国地名/東南・南アジア]カテゴリの言葉