出典:デジタル大辞泉(小学館)

神沢利子の文、瀬川康男の挿絵による児童文学作品。幼少期を樺太 (からふと) で過ごした著者の体験をもとに書かれた。昭和51年(1976)刊行。昭和52年(1977)、日本児童文芸家協会賞受賞。