出典:デジタル大辞泉(小学館)

Nun Kun》インド北部、ジャンムカシミール州にある山。ヒマラヤ山脈西部の高峰であり、ヌン山(標高7135メートル)とクン山(標高7077メートル)からなるヌンクン山群を構成する。1913年、イタリアのピアチェンツァがクン山に初登頂し、1953年にはフランスのコーガンとスイスのピトーがヌン山の初登頂に成功した。

[地理/外国地名/東南・南アジア]カテゴリの言葉