出典:デジタル大辞泉(小学館)

農林業構造統計を作成するために、農林水産省が5年ごとに行う基幹統計調査。農林業の生産構造や就業構造の実態を把握するために農林業を営む個人・組織・法人を対象に行う農林業経営体調査と、農山村の現状を把握するために市区町村や農業集落を対象に行う農山村地域調査がある。全数調査。第1回の調査は昭和25年(1950)。

[補説]FAO (ファオ) (国連食糧農業機関)の要綱に従って10年ごとに世界農林業センサスが実施され、その中間年に日本独自の調査が行われる。