出典:デジタル大辞泉(小学館)

photoactivated localization microscopy》光の回折限界を超えた微細な構造を観察できる超高解像の顕微鏡像を得る手法。紫外線によって蛍光の放出を制御できる色素分子を用い、一部の色素分子が確率的に蛍光を発する状態にした上で励起光を照射する。色素分子どうしは回折限界より大きい間隔があるため、個別の蛍光を捉えることができる。この蛍光を繰り返し撮影して一枚の超高解像の画像を得ることが可能になった。2014年、同手法の色素分子を発見したW=モーナーと顕微鏡技術を開発したE=ベツィグがノーベル化学賞を受賞。光活性化局在顕微鏡法。