出典:デジタル大辞泉(小学館)

インド西部、グジャラート州の都市。アーメダバードの南東約100キロメートル、カンベイ湾東岸に位置する。18世紀にマラータ同盟のガーイクワール朝の拠点が置かれ、藩王国の都となった。周辺で綿花を産し、綿織物工業が発展。近年は石油化学工業も盛ん。藩王が建てたインド‐サラセン様式の宮殿などが残っている。バローダ。