出典:デジタル大辞泉(小学館)

倉橋由美子の短編小説。明治大学在学中の昭和35年(1960)「明治大学新聞」に発表、明治大学長賞を受賞した著者の処女小説。同年、第12回女流文学者賞受賞。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉