出典:デジタル大辞泉(小学館)

インド南部、タミルナドゥ州の都市。タミルナドゥ平原を流れるバイハイ川沿いに位置する。紀元前5世紀から後14世紀にかけて、長らくパーンディヤ王国の都として栄えた。また16世紀から18世紀にかけてナヤク王国の都となり、ミナクシ寺院ティルマライナーヤカ宮殿が造られた。現在は織物工業が盛んで、米、タバコなどの農産物の集散地となっている。マドゥラ。

[地理/外国地名/東南・南アジア]カテゴリの言葉