出典:デジタル大辞泉(小学館)

インド北部、ジャンムカシミール州の都市。ヒマラヤ山脈カラコルム山脈に挟まれたラダック地方最大の都市であり、インダス川源流部の扇状地に位置する。標高約3650メートル。かつてラダック王国の都が置かれ、チベットへの隊商路の中継地として栄えた。チベットのラサにあるポタラ宮がモデルとなったというレー王宮や、チベット仏教の寺院などが残る。レヘ。