出典:デジタル大辞泉(小学館)

バングラデシュの首都ダッカの中心部にある宮殿。ブリガンガ川沿いに位置する。ダッカを治めた領主ナワブ家の邸宅として、19世紀後半にインド‐サラセン様式(英国のネオゴシック様式にムガル建築を採り入れた建築様式)で建造。桃色の外観からピンクパレスともよばれる。現在は博物館になっており、調度品、陶磁器、銀製品をはじめ、ナワブ家ゆかりの品々を展示。アーシャン‐モンジール。