出典:デジタル大辞泉(小学館)

生体内でATP(アデノシン三燐酸 (りんさん) )をADP(アデノシン二燐酸)と無機燐酸に加水分解する酵素の総称。この際、1モル当たり7~10キロカロリーのエネルギーが放出され、筋肉の収縮やさまざまな化学反応などに利用される。