出典:デジタル大辞泉(小学館)

2~10個程度という比較的少数のアミノ酸からなるペプチド分子量が小さいため、腸壁から直接吸収されやすいという性質をもつ。