出典:デジタル大辞泉(小学館)

吸着剤を固定相とする液体クロマトグラフィー。試料混合物を一端に置いて溶かし出し、試料の成分による移動速度の差によって、分離・精製・検出などを行う。吸着剤として、シリカゲルアルミナ活性炭珪藻土などが用いられる。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉