出典:デジタル大辞泉(小学館)

橋梁やトンネルなどの土木構造物の点検法の一つ。足場や高所作業車などを利用して、触診打音検査ができる距離まで近づき、施設の損傷状態や変状を詳細に調べること。→遠望目視点検