出典:デジタル大辞泉(小学館)

パキスタン西部、バルチスタン州の都市。同州の州都。標高約1600メートルの高原上に位置する。降水量が少なく昼夜の寒暖差が激しい。周辺では灌漑 (かんがい) によるメロン、ザクロ、ブドウの生産が盛ん。アフガニスタン、イラン、インダス平原を結ぶ交通路の交点に位置し、古くから交易の要衝として知られる。