出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「ゲオスミン」とも》有機化合物の一種。雨が降った時の地面の匂いとされる。六員環が二つつながったデカリン誘導体であり、光学異性体が存在する。放線菌の代謝物として初めて単離された。化学式C12H22O

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉