出典:デジタル大辞泉(小学館)

天文学における天球上の子午線。天の北極・南極を結ぶ平面が、天球と交わってできる大円を指す。