出典:デジタル大辞泉(小学館)

Tomb of Nur Jahan》パキスタン北東部、パンジャブ州の都市ラホールにある霊廟。旧市街北西部に位置する。17世紀前半、ムガル帝国第4代皇帝ジャハーン=ギールの妻ヌール=ジャハーンが、夫の死後、自らの墓所をジャハーンギール廟に隣接して建造。方形の建物で、外壁に赤い砂岩、内部に白大理石を用いている。墓碑やタイルの多くはのちにシク教徒により持ち去られた。