出典:デジタル大辞泉(小学館)

単位重量当たりの引っ張り強さ。引っ張り強さを密度で除した値。金属の場合、一般に軽合金の比強度が高く、軽量で強度を要求される材料として用いられる。