出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「high precision parallax collecting satellite」の略》1989年にESA(欧州宇宙機関)が打ち上げた世界初の位置天文観測衛星。三角測量と同じく年周視差を利用し、約12万個の恒星の距離を従来の数十倍という高精度で測定した。名称は、古代ギリシアの天文学者ヒッパルコスにちなむ。ヒッパルコス衛星。