出典:デジタル大辞泉(小学館)

幸田露伴の短編小説。昭和16年(1941)「日本評論」誌に発表。露伴最後の作品で、慶滋保胤 (よししげのやすたね) を中心に、平安時代の高僧と彼らをとりまく人々のつながりを描いた史伝。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉