出典:デジタル大辞泉(小学館)

Adam's Peak》スリランカ中部にある山。中央山岳地帯の南西部に位置し、サバラガムワ州に属す。標高2243メートル。頂上に足跡に似た巨石があり、仏教徒はブッダの足跡、ヒンズー教徒はシバ神の足跡、キリスト教徒やイスラム教徒はアダムが地上に降りたときの跡と考え、宗派を超えた信仰対象の聖山として知られる。また、2010年に周辺の国立公園や自然保護区とともに、「スリランカの中央高地」の名称で世界遺産(自然遺産)に登録された。スリーパーダ。サマナラカンダ。

[地理/外国地名/東南・南アジア]カテゴリの言葉