出典:デジタル大辞泉(小学館)

スリランカ北部の都市。北中部州の州都。古代よりシンハラ人の王朝の都が置かれ、同国における仏教の中心地として栄えた。市街西部の遺産地区には、仏塔、仏教寺院、王族ゆかりの建物の跡、沐浴場などが残り、観光客や信徒が多く訪れる。1982年に「聖地アヌラダプーラ」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。アヌラーダプラ。