出典:デジタル大辞泉(小学館)

貞観8年(866)応天門の炎上をめぐる事件。大納言伴善男 (とものよしお) は左大臣源信 (みなもとのまこと) の仕業と唱えて処罰を主張したが、藤原良房らによってかえって善男の子中庸 (なかつね) の放火とされ、善男父子は遠流 (おんる) となった。藤原氏の摂関政治確立へとつながった事件。