おう‐とう〔アウタウ〕【桜桃】 の意味

  1. ㋐バラ科サクラ属の落葉小高木。晩春、葉より先に白い花をつけ、6月ごろ、球形で紅色の果実がなる。中国の原産で、日本へは明治初期に渡来。みざくら。しなみざくら。
  1. ㋑食用になる桜ん坊。また、その果実をつける種または品種の総称。セイヨウミザクラなど。 実=夏 花=春》「―のこの美しきもの梅雨の夜に/澄雄」
  1. ユスラウメの別名。

おう‐とう〔アウタウ〕【桜桃】の慣用句

  1. おうとうき【桜桃忌】
    • 昭和23年(1948)6月、39歳で愛人と入水自殺した小説家、太宰治の忌日。遺体が発見された6月19日を命日とし、墓のある東京都三鷹市の禅林寺で法要が行われる。作品「桜桃」による命名。 夏》
    • [補説]6月19日は太宰の誕生日でもある。