出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. 人間としての正しい道に外れていること。また、そのさま。よこしま。邪道。

    1. 「この思いもよらない出来事には、いくら―な良秀でも、ぎょっと致したのでございましょう」〈芥川・地獄変〉

  1. 本道からそれた道。よこみち。

    1. 「―なれども…平泉寺を拝まん」〈義経記・七〉

  1. 不正と知りながら行うこと。

    1. 「私が少しの間―致せば事が済む」〈浄・大経師