出典:デジタル大辞泉(小学館)

島村抱月による評論集。本名の島村滝太郎名義で、明治42年(1909)刊。自然主義文学について説きつつ、観照主義への傾倒も感じさせる内容となっている。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉