出典:デジタル大辞泉(小学館)

なめろうを鮑 (あわび) の殻などに詰めて焼いた料理。

[補説]房総地方の漁師が山で仕事をする際、魚を保存して食すために工夫したものという。「山河焼き」「山家焼き」とも書く。