出典:デジタル大辞泉(小学館)

高木彬光の処女小説。密室殺人をテーマとする推理小説で、神津恭介 (かみづきょうすけ) シリーズの第1作。昭和22年(1947)に執筆、江戸川乱歩に認められて昭和23年(1948)に「宝石選書」より出版。昭和28年(1953)、森一生監督により映画化。