出典:デジタル大辞泉(小学館)

スリランカ北部の都市。北部州の州都。同国最北端、インド洋につながる潟湖を囲むジャフナ半島に位置する。タミル人が多く居住。13世紀から17世紀までジャフナ王国の都が置かれ、ポルトガル、オランダ、英国の支配を受けた。2009年の内戦終結までタミル人と政府軍の間で激しい戦闘が続いた。17世紀にオランダが築いたジャフナ要塞、同国最大級のヒンズー教寺院であるナルアカンダスワミ寺院、ジャフナ王国時代の宮殿跡などがある。