出典:デジタル大辞泉(小学館)

網膜の後極にある卵円形のくぼみで、黄色色素が沈着している、視覚の最も鋭敏な部分。中心部は錐状体だけで、桿状体 (かんじょうたい) はない。黄点。