出典:デジタル大辞泉(小学館)

Tully-Fisher relation渦巻銀河の絶対光度と回転速度に見られる経験則。1977年にブレント=タリーとリチャード=フィッシャーが提唱。恒星の回転に由来するスペクトル線のドップラー効果から速度幅が求められ、光度は速度幅の4乗に比例するというもの。楕円銀河の場合は、フェーバージャクソン関係が成り立つ。宇宙の距離梯子の一として知られ、およそ100Mpc (メガパーセク) 程度まで測定可能。