出典:デジタル大辞泉(小学館)

《医学では「そうはくせん」という》手足の爪の間に白癬菌が侵入して発症する皮膚真菌症白癬に続いて起こることが多く、爪が白く濁り、厚くなり、ボロボロと崩れる。痛みやかゆみなどの自覚症状はないが、放置すると爪が変形し、靴が履きにくくなることがある。爪水虫。