出典:デジタル大辞泉(小学館)

インターネット上でする預金実店舗のある銀行、インターネット銀行といった業態の違いによらず、オンラインで申し込みや取引を行うことをいう。通常の預金に比べて取引手数料が安く、金利が高めに設定されている場合が多い。