出典:デジタル大辞泉(小学館)

インド洋、フランスの海外県レユニオン島中央部の火山。同島の最高峰で、標高3069メートル。200万年前から活動をはじめ、約3万年前以降、噴火は起きていない。周囲をシラオス谷サラジー谷マファト谷という噴火に起因する三つの陥没圏谷に囲まれる。多様で雄大な自然景観で知られ、2010年に「レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群」の名称で世界遺産(自然遺産)に登録された。ネージュ山。

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉

[地理/外国地名/西ヨーロッパ]カテゴリの言葉