出典:デジタル大辞泉(小学館)

マイナンバー法に基づいて法人や団体に割り当てられる13桁の固有の番号。設立登記をした法人、国の機関、地方公共団体、その他、法人税消費税の申告納税義務または源泉徴収義務を有する法人や団体などに対して、国税庁長官が指定し、通知する。個人番号(マイナンバー)と違って利用範囲の制約がなく、だれでも自由に利用できる。