おう‐む〔アウ‐〕【××鵡】 の意味

  1. インコ目の鳥のうち、インコ類を除いたものの総称。一般に、尾が短く、体はずんぐりし、単色のものが多く、冠羽をもち、くちばしは下向きに曲がっている。人によく馴れ、人の言葉を巧みにまねる。オオバタンキバタンオカメインコなど。
  1. 歌舞伎で、主要な役が引っ込みのときなどに、派手なしぐさをしたり、利きぜりふを言ったあと、三枚目役が、そのとおりのまねをして観客を笑わせる演出。

おう‐む〔アウ‐〕【××鵡】の慣用句

  1. 鸚鵡よく言えども飛鳥を離れず
    • 《「礼記」曲礼上から》鸚鵡は人間の言葉をまねてうまく話すが、やはり鳥でしかない。口先ばかり達者で、実際の行動が伴わないことをいうたとえ。
  1. おうむいし【鸚鵡石】
    • 山間などにある、音をよく反響する岩石。言葉石。響き石。おうむせき。
  1. おうむがい【鸚鵡貝】
    • 頭足綱オウムガイ科の軟体動物。カンブリア紀に出現し古生代前半に繁栄。現在、4あるいは6種が熱帯海域にすみ、生きている化石とよばれる。現生種は殻長約20センチ、平面に螺旋(らせん)形に巻いた白い殻がオウムのくちばしを思わせる。殻の最外部の室にタコに似た軟体部があり、触手を雄で約60本、雌で約90本もち、吸盤はない。
  1. おうむがえし【鸚鵡返し】
    • 他人の言ったとおりに言い返すこと。「鸚鵡返しに答える」
    • 和歌の詠み方の一。相手から詠みかけられた歌の一部だけを変えて、別の趣向で返歌すること。
    • 酒宴の席で、相手の差す杯を干して、すぐ返杯すること。
  1. おうむせき【鸚鵡石】
    • 歌舞伎の名せりふを書き抜いた本。役者の声色(こわいろ)の練習用に出版された。おうむいし。
    • 人の言ったことを、そのままに真似ていうこと。
      「先刻桐山から聞いた事をば、全然(まるきり)―で喋口(しゃべ)りたてる」〈逍遥当世書生気質
  1. おうむのさかずき【鸚鵡の杯】
  1. おうむびょう【鸚鵡病】
    • オウム・ハトなど鳥類の伝染病。病原体はオウム病クラミジアで、人間にも感染し、発熱・頭痛・せき・血痰(けったん)などの症状を呈する。感染症予防法の4類感染症の一。
  • おう‐む〔アウ‐〕【××鵡】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・あの唐の崔さいこうの詩に「晴川歴歴漢陽樹 芳草萋萋鸚鵡洲」と歌われたことのある風景ですよ。

      芥川竜之介「或恋愛小説」

    • ・・・お酒の罎がずうっとならんでいて、すみの方には大きな鸚鵡の籠が一つ吊下げてあるんです。

      芥川竜之介「片恋」

    • ・・・窓の間には彫花の籠に、緑色の鸚鵡が飼ってある。

      芥川竜之介「奇遇」