出典:デジタル大辞泉(小学館)

がん細胞が免疫細胞の攻撃力を抑制するはたらきを阻害し、免疫細胞みずからの攻撃力を再活性する薬剤。免疫細胞にはもともと、ある物質が受容体に結合すると攻撃力が抑制される仕組みがあり、がん細胞はこの仕組みを悪用して、がん細胞自体への攻撃を抑えている。この受容体への結合を阻害する薬剤により、がん細胞の増殖を食い止めようとするもので、ニボルマブイピリムマブなどがある。