出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸中期の辞書。100巻。貞享2年(1685)完成。父盛徴 (もりずみ) の遺志を継ぎ荒木田盛員 (あらきだもりかず) が撰。いろは順の辞書で、語数二万二千余語を収め、各語について和歌の用例を挙げ、仮名遣いの例を記している。