出典:デジタル大辞泉(小学館)

モーリシャス南西部の半島。タマランの南約20キロメートルに位置する。ル‐モーン山(標高556メートル)がそびえ、急峻な崖には多くの洞窟がある。18世紀から19世紀頃に逃亡奴隷(マルーン)が逃げ込み、隠れ家として利用したことで知られる。奴隷たちの自由を求めた戦いの象徴として評価され、2008年に「ル‐モーンの文化的景観」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉