出典:デジタル大辞泉(小学館)

田村俊子の小説。明治43年(1910)、大阪朝日新聞の懸賞小説に応募し、入選した作品。これにより著者は樋口一葉の再来と賞賛され、文壇デビューを果たした。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉