出典:デジタル大辞泉(小学館)

単結晶電子線回折で現れる回折模様。黒と白が対をなす平行線として現れる菊池線、平行線の間が黒または白の帯状となる菊池帯(菊池バンド)とがある。昭和3年(1928)、物理学者の菊池正士雲母の電子線解析により発見。菊池模様。菊池パターン。