悪銭(あくせん)身につかず の意味

  1. 盗み・賭け事などで得た金銭は、むだに使われてすぐになくなってしまう。