出典:デジタル大辞泉(小学館)

発電などの電気事業において、発電量を調整して需給変動を抑えること。とくに太陽光発電風力発電のように天候によって発電量が大きく増減する再生可能エネルギーに対し、火力発電や蓄電設備からの電力供給を加えて総発電量を平均化する作業を指す。