出典:デジタル大辞泉(小学館)

《原題、(ドイツ)Der Prozeßカフカの長編小説。未完。1925年に遺稿として刊行された。銀行員ヨーゼフ=Kが、理由もわからないまま逮捕・起訴され、死刑になるまでを描いた不条理小説。題名は、編者のマックス=ブロートが生前の著者との会話に基いてつけたもの。