出典:デジタル大辞泉(小学館)

DNAに生じた損傷や異常な部分を修復すること。放射線紫外線活性酸素などによる損傷や、DNA複製の過程で生じた誤りを、特定の酵素が認識して修復したり、除去して再合成したりする機構が知られる。